人生経験

よく言われることですが。


よく言われることだと思うのですが。


・・・よく言われることだと、思うような気がする程度の、そんなことですが。


例えば和尚という、誰かにお説教をしたり、相談を持ちかけられたりするような肩書きを持つならば、様々な人生経験を積んだ方が良い、と。

アルバイトでもなんでも、いろんな仕事をしてみたり、夜遊びや賭け事、酒たばこなどの控えるべきことに精を出してみたり。

そうすれば、そういう立場の人の気持ちも分かるようになる、と。

「確かにそうだよな」

そう思ってきました。実際にそれをしてきたわけではないですけれど、きっとその方が良いんだろうなと、思ってきました。

でも、お風呂に入りながらふと思いました。

いろんな仕事をするのはともかく、夜遊びや賭け事などは、「それをしない経験」というのもあるんじゃないかな、と。

もちろん朝までカラオケで歌っていたこともありますし、賭け事は・・・そういえばやったことないか。とにかく、夜遊びは羽目を外すほどではなかったです。お酒は幸いにも下戸なのでそれで人生狂わせてもいませんし、たばこは絶対吸うものかと決めています。

だからまだ私は、「それをしない経験を経験している」と言えるでしょう。


人生経験が豊富というと、いろんな種類の経験を積んだことを指すように思いますが、こうした「それをしなかった経験」というのも、立派な人生経験になるのじゃないかと思います。

するかしないか、どっちがいいかなんてそんなことを考えるのは私にとって意味がありません。考える時間がもったいないから、自分に向いている方を進むだけです。

私は私。こんな私の経験がきっと役に立つときが来る。きっと人のお役に立てる時が来る。そう信じて。

制作・著作 宗教法人正太寺