おじさんの呼び止め方

 前を走る車のブレーキランプが片方切れている。教えてあげた方がいいのかな。

 走りながら車内を伺うと、乗っているのは運転手一人。頭の形からして、どうもおじさんのようです。

 この先に信号があるから、信号待ちの時に声をかけてみようか。

 「ねぇおじさん、ブレーキランプ片方切れてるよー」


 ・・・「おじさん」じゃ失礼かな。


 「ねぇお兄さん」

 様子からして50才代に見えるし・・・


 「紳士」

 変だよね。


 「社長」

 まさかねぇ。

 考えてみれば「おじさん」というのは親類に使う言葉ですから、とても親しく呼んでいるわけで、それほど失礼というわけでもないのかな。

 それでもやっぱり「おじさん」「おばさん」は敬遠される表現のような気がするし。
 「おばさま」方は「おねいさん」と呼べば機嫌のよろしい方がおおいそうですが、かえって不機嫌になる方もいるらしいし。

 でも真剣に「おねいさん」と見間違えることもありますから失敗しても言い訳は出来るね。

 やっぱり問題は「おじさん」か。「おにいさん」と見間違えることはあまりないし・・・


 「おじさん」の代替呼称大募集です。おじさんを呼び止められないワタクシに、いい呼び方をご教授くださいませ。


 ・・・もちろん今回のおじさんにはブレーキランプが切れてることは伝えられませんでした。

制作・著作 宗教法人正太寺