価値観

 「価値観」


 人によって様々ですよね。
 物事は、それを見る角度によって全く違ったものとなる。よく言われることです。


 目の前に机がある。
 机の上に乗ったら、叱られた。


 そんな経験無いですか?


 子どもの頃の価値観というのは、大人のそれとは全く違います。観る角度、捉える角度が全然違います。

 子どもにとっての机は、大人にとっての机よりも、もっと幅広い用途に使えるものです。

 教室の机であれば、それはあたかも川の中の飛び石がごとく。


 あの頃は楽しかった。
 でも、なぜ楽しかったのでしょう。

 自由な想像力と、それを実現する行動力。年を重ねれば重ねるほど、失われていくもの。

 そのかわりに経験と知識を得ていくんですけどね。
 でもちょっともったいない気がしませんか?


 失われたと思われたその感覚、実はちゃあんと残っていたりするものです。
 日々の忙しさ、自分を惑わせる悩みのせいで気付きにくいところにしまわれているだけ。

 思い出してみましょうよ。みんながみんな、好き勝手に想像を膨らませて、ちょっとしたことで、ううん、何もなくても、ただ自分が生きているだけで楽しく遊べる感覚を。

 あの、楽しかった頃を。

制作・著作 宗教法人正太寺