使える使えない

 人を「使える人」と「使えない人」と区別するとき、ありますよね?
 でも、「使える使えない」というのは、あくまでも主観なんです。客観ではないのです。人を評価するときは、とことん客観的なものの見方をする必要があるでしょう。そうでなければ、自分の価値観が全てを決することになってしまいます。一個人の価値観でのみ人を評価するなど、あってはならないことです。

 「あいつは使えないヤツだ」などと、軽く口にするのは、「自分は客観的なものの見方の出来ない自分勝手な人間です」と言っているようなものです。お気をつけあそばせ。

制作・著作 宗教法人正太寺