解析 なぜ「正太寺てんぷる」の更新は遅いのか

 管理者の行動パターン解析
・平日
最近は地元社協でいろいろとお手伝い。サラリーマンのような生活です。
仕事内容は情報技術系(それほど大げさでなし)なため、家に帰ってきてまでパソコンに向かう気力が起きません。
・土・日等
平日なんちゃってサラリーマンをやっているため、お寺の情報機器のメンテナンスは土日に集中します。
なぜかファイルサーバーが立ち上がっていたりと、規模不相応なシステムを運用中。
それだけならメンテはほとんどいらないのですが、DNSを自前で立ち上げたり、OSを入れ替えたり、ハードディスクを増強したり、それに伴いまたOSを更新したりと、ずいぶん無駄をしているため時間がどんどん無くなります。
もちろん、本職の法事等を師匠から任されれば、前日からそのことで頭はいっぱい。事後は緊張疲れで使い物にはなりません。
・たまの休日(お寺に休日はないです。たまに何にもない日があると、朝起きて、「ああ、今日休日だ」と思う程度)
たまの休日です。なにもしません。 <--をいをい。
 こうやって生活していると、ホームページの更新している時間なんか無かったりして。ただ、妙に気力の充実した日があったりすると更新する気がメラメラと。もしくは、もうなんにも考えたくない、というときは、指が勝手に動いてひとりごと書いたりしてます。
 しかぁーし、何を隠そうこの「正太寺てんぷる」は、正太寺の公式ページである。やっぱりまめに更新しなくちゃダメでしょ。と、書きながら改めて認識したりもして。めちゃめちゃ忙しく働きながらホームページもバンバン更新しているパワフルな方もこの世にはいっぱいいますし。負けてられませーん。

 でも、霊場記、全然進みません。長期にわたるパソコン歴のために視力がやられ、結果、集中力をそがれることが多々。でもでも(反復)、最近なんだか調子いいので、気合い入れて書きますよぉ。完結するまで待っててくださいませ。

 P.S. かぜ、まだ治ってません

制作・著作 宗教法人正太寺