かたつむり

 雨上がり。かたつむり発見。何年ぶりでしょ。かたつむり見るの。
 やばいですね。かたつむりにも気付かないような時間を過ごしていたなんて。もったいない。

 久しぶりに見るかたつむりは、角をつつけばみょいっとちぢまる、昔通りのかたつむりでした。でもちょっと農薬に強くなってるかも。

 かたつむりって、ぜったいなめくじに殻がついただけだと思う。真剣に。

 ・・・

 などと、現実世界に浸っていたら、仮想世界がどうのこうのという話が耳に。

 先日のバスジャック事件。あの少年は、インターネット上の掲示板において、自分の本性をさらしていたそうで。

 そんな関連の話題をテレビでやってました。その話題の中での識者が言うには。現実の世界ではいえないことでも、仮想世界であるインターネットの中では、気弱な人でも、何でも言えるんですって。

 根本的に間違ってますね。小耳に挟んだところでは、日本のインターネット人口は2000万人を突破したらしいです。ほんまかいなと思いますが。聞き間違いかな? 日本人の6人に1人はインターネットを使ってることになります。

 そう考えれば、インターネットも立派な現実世界です。もちろん、そんなことを言うまでもなく、電子上のやりとりであるというだけで、間違いなくインターネットは現実世界です。

 世の中まだまだ認識不足なのではないでしょうか。情報教育などというのであれば、まず、インターネットは現実世界の一部である、という大前提を教えなければなりません。

 ところで、それらを教えるのは誰なのか? ・・・学校の先生? ちがうでしょう。インターネットは極日常に存在するものになりつつあります。テレビに近づきつつあのです。

 テレビの使い方を学校の先生が教えるでしょうか・・・?

 また、インターネットはコミュニケーションの手段でもあります。掲示板もコミュニケーションの手段ですよね?

 コミュニケーションは、つまり人との関わり合いです。人との関わり方を、学校の先生がいちいち教えるでしょうか?少なくとも私の時はそんなことありませんでしたよ。
 子供は周りの大人を見て育ちます。大人が見本を見せるのがまず一番でしょう。

 ・・・

 せっかくほのぼのと切り出したのに、なんだかうだうだとしてしまいました。ああ、世の中なんでこんな事件ばかり続くのでしょうか。

 もっとほのぼのとした世の中にするために、我々僧侶に出来ることはたくさんあるはず。お釈迦様はほのぼのとした世の中が好きだったはずですから、その教えに従っていればきっと・・・。まだまだ精進が必要です。文章も中途半端だし。久しぶりに書いたら、たったこれだけに一時間近くかかりましたよぉ・・・

 (ちょっとは宗教色出ましたでしょうか。)

制作・著作 宗教法人正太寺