お焼香は何回?

 「なーむー」設置はあきらめました。ここと重複しそうなんです。そういうわけで、「なーむー」用に暖めていたものをちょっとづつ。
 仏教の場合、法事等に参列するとかならずするのがお焼香。お焼香にはその場を清めるとか、ご先祖様をご供養するといった意味があります。法要中、もっとも直接的にお祈りをする機会ですから、法要に参列された方にとって、一番重要な場面といえるでしょう。

 (和尚としては、最初から最後まですべてが等しく重要であってほしいのですが・・・・。法要中の一挙手一投足それぞれに、ちゃんと意味があるものですから。でも、説明するの大変。・・・・そんなこといってるから仏教は若者に敬遠されるのか。)

 ではその大切なお焼香。正しいやり方は?

 私は他宗のことについて明るくないので、曹洞宗に限って、正しい(望ましい)焼香法をご紹介します。

お焼香の順番が回ってきたら、まず、合掌して(手を合わせて)頭を下げます。
右手の親指・人差し指・中指でお香をつまみ、眉間のあたりまで持ち上げます。
(眉間にお香を当てるような感じで。左手は右手に添えます。)
法要の内容にあわせて、冥福等をお祈りします。
お香を炭の上にそっと落とします。乗せるような心持ちで。このとき左手は片手で合掌しています。
最後に、合掌して頭を下げます。
 お香を焚く回数ですが、しっかりとお祈りしていただけたのであれば、1回でけっこうです。御導師様は決まって2回お香を焚かれますが、これは、法要中、常にお香の煙が立っているようにするためです。1回分だと、すぐに燃え尽きてしまいますので。

 また、その土地柄により、いろいろと細かく違いがあるかもしれません。その場合は、それらに従う方がよろしいかと思います。

 最後に。なにより重要なのはしっかりとお祈りすることであり、作法の正しさは二の次であるということを、お忘れなきように。

制作・著作 宗教法人正太寺