有権者として

 ハイ、6月です。月日が経つのをとても早く感じる今日この頃、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

 久しぶりにぐち発見。いわゆる盗聴法案に関して。

 まあ、この法案がいいか悪いかはここでは論じないことにしましょう。きりがないので。

 問題なのは決議の場を民主党等の野党がボイコットしたこと。

 私は、国会で私の意見を代弁してもらうために、国会議員というものを選挙で選んでいるのです。しかし、彼らはその発言の場から立ち去った。

 一有権者としては、ボイコットという態度で反対の姿勢を示すよりも、国会という、彼らのもっとも大切な職場で、発言という形で姿勢を示していただきたかった。

 発言の機会が与えられないのなら、自ら機会を作ればいい。それぐらい出来るでしょう。出来ないというのなら、選挙に立候補などしないでいただきたい。

 議会をボイコットするというのは、有権者は自分の代弁者を選ぶために一票を投じているという大前提を忘れてしまっている行為だと思います。

 非常に腹立たしい。

 というわけで、法案とは全然関係ないところで腹を立てている穴水でした。では、また。

制作・著作 宗教法人正太寺